Event is FINISHED

<無料>11/16-17(土・日)全国神楽シンポジウム2019 ー「神楽学」の可能性Ⅱー 学術シンポジウムと椎葉村・向山日当(むかいやまひあて)神楽の公演

Description
宮崎県内には200余の、そして全国には5000を超える神楽が継承されています。
今回のシンポジウムでは、全国的視野のもとで、神楽に内包されているさまざまな文化的要素、地域社会と人々にとっての神楽継承の意義などについて、基調講演・連続講演と討論を通じて考えます。

また、2日目では、宮崎県椎葉村に伝承されている椎葉神楽から向山日当神楽保存会による公演を行います。神楽そのものに触れることで、より直接的に「神楽」の魅力を感じてもらい、今後に向けた可能性について考える場とします。


【1日目(11月16日[土]シンポジウム】
◆第一部 基調講演 13:00~
「神楽学の構想Ⅱ」 小川 直之(おがわ なおゆき)
  國學院大學教授、みやざきの神楽魅力発信委員会委員長
「神楽継承と現代社会」 神崎 宣武(かんざき のりたけ) 旅の文化研究所所長

◆第二部 連続講演 14:15~
「神楽と伝統芸能」 神田 竜浩(かんだ たつひろ)
  文化庁参事官(芸術文化担当)付 芸術文化調査官
「神楽に見る〈火〉と〈水〉の民俗」 櫻井 弘人(さくらい ひろと)
  飯田市美術博物館専門研究員 國學院大學兼任講師
「神楽と音楽ー囃子と楽器ー」 三上 敏視(みかみ としみ)
  多摩美術大学美術学部非常勤講師
「神楽継承の行政支援」 甲斐 眞后(かい しんご) 椎葉村教育委員会教育長

◆第三部 討論 16:30~
「神楽学のさらなる課題を探る」
 ○司会:小川直之 ○パネラー:神崎宣武、神田竜浩、櫻井弘人、三上敏視、甲斐眞后


【2日目(11月17日[日]みやざきの神楽公演・概要】
◆解説 13:00~
「椎葉村・向山日当神楽の特色」
 小川 直之 國學院大學教授・みやざきの神楽魅力発信委員会委員長

◆椎葉の民謡「ひえつき節」披露 13:40~
 尾八重ひえつき節保存会会長 黒木 忠(くろぎ すなお)

◆神楽公演 14:20~
 向山日当神楽(むかいやまひあてかぐら) 椎葉村

【椎葉村・向山日当神楽の概要】
 日本三大秘境の1つともいわれる宮崎県椎葉村には、26の集落に神楽が伝承されており、総称して「椎葉神楽」と呼んでいます。
 集落毎に11月中旬~12月下旬に夜通し行われる神楽は、地元では「冬祭り」「年祭り」とも呼ばれ、椎葉の村人たちにとって1年を締めくくる大切な祭りとなっています。集落毎に舞や衣装、太鼓の調整も多種多様であり、舞の1つ1つが昔のままの状態を残していることから、平成3年に国の重要無形民俗文化財に指定されました。
 椎葉神楽の特徴は、狩猟神事が織り込まれていることで、神前に猪や鹿の肉を切り分け捧げる「板起こし」など、狩猟儀礼にかかわる演目も多くあります。また、仏教色が一掃された影響が少なく、古い形の神楽が残っており、神仏混淆の唱行が多く見られます。
 向山日当神楽は、今から400年程前に日当の倉の迫という集落にいた藏座七左衛門(ぞうざしちざえもん)が、高千穂の土持伊勢守(つちもちいせのかみ)から3年3ヶ月かけて神楽三十三番を伝習したと言い伝えられています。
 昔は白紙を猪の血で染めた赤紙を使用して御幣を切ったと云われ、現在でも赤と白の2色の御幣が習わしです。また、神楽の際に見学者の男女が歌う神楽せり歌が、若い人たちにも広く受け継がれています。

▼神話のふるさと宮崎ウェブサイト▼
 映画監督の河瀬直美氏が県内各地で撮影した動画シリーズや日向神話を15分にまとめたアニメなど、「日向神話」や「みやざきの神楽」に関する情報満載のウェブサイトです。→こちら

▼キャンセルの手続き、その他お問い合わせ等について▼
 キャンセル・人数減、その他お問い合わせについては、→こちら
の「お問い合わせフォーム」までご連絡ください。
 何卒よろしくお願いいたします。
Nov 16 - Nov 17, 2019
[ Sat ] - [ Sun ]
1:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
11/16(土)学術シンポジウム 聴講券 FULL
11/17(日)みやざきの神楽公演 椎葉・向山日当神楽 聴講券 FULL
Venue Address
渋谷区東4丁目10 Japan
Organizer
日本のひなた宮崎県 ( 宮崎県東京事務所 )
250 Followers